プロフィール

匿名記者

Author:匿名記者
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


こちらもクリックよろしくね!!


あし@


ブログ宣伝!!


ブログランキングサイトのリンク!!

にほんブログ村 小遣いブログへ

人気blogランキングへ


ここでチャットできますよ!!


ブロとも申請フォーム


コラブロ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ちゃんねる・高校野球板にて改名をかけた結果!!

http://megalodon.jp/?url=http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/hsb/1186586674/&date=20070821193543


詳細は、上のリンク先で。
魚拓なんで、パソコンからしか見られないが・・・

まあ、そういうこっちゃw(VM・TARU風にwww)

スポンサーサイト

遊べるブログパーツ!「FLO:Qゲームセンター」がオープン!

FLO:Q」とは、ソニーが提供する「ブログパーツ」の、新たなコンテンツである。

たくさんのゲームがあり、中には1ヶ月限定のものもあるのだ・・・
いいゲームがそうだったら、すぐに遊ぶしかない!!

私が遊んでみたいゲームは、定番ゲームの中にある「ポケットテニス」だ・・・

アクション系ゲームが苦手な私にとって、シンプルな操作方法で楽しめるのは、最大のメリットだからだ。

また、ルールだってわかりやすく、至って単純。
気軽に楽しめ、かつ簡単なことが選ぶ理由だ・・・

また、同様の理由で「うさうさたたき」もいい。
単純に、クリックしてにんじんを付け狙ううさぎを叩くのである・・・
こちらは、ストレス解消的な面も強そうだし、たまにはこっちもいいかなと思った・・・

やりすぎて、マウスを壊さないようにしたいものだ!!



海外で暮らしたい!働きたい!そんな「夢」をサウスパシフィックフリーバードで叶えよう

サウスパシフィックフリーバード」の提供するフィジーへの語学留学は、メリットが多いのでおすすめだ・・・

まず、「ワーホリ」・・・つまり、海外で働かなければ食っていけない現実があるのだ。そのためにも、語学を習得しておかなければならない。

「ホームステイ」・・・当然、コミュニケーションをとるなら語学ができないといけないだろう・・・万が一体調が悪くなったときなんて特に!!

語学を習得してからの留学の方が合理的であるので、私だったらフィジーへの語学留学プランに乗らせてもらう。

フィジーは、英語圏の国である。だから、留学先はアメリカか英国かオーストラリアになるかな??

なぜ、言語から考慮するかというと、フィジーにはこんなに魅力があるからだ!!

英語をマスターするためには、とにかく会話をすることではあるが、フィジーの方々は陽気でフレンドリーであり、フィジー語やヒンドゥ語も話すバイリンガルも多く、語学習得には理解があるのだ・・・

ホームステイ先でも楽しい会話を通じて英会話が上達するだろう・・・

また、のんびりと過ごせる国であり、物価もアメリカの1/3と安く、生活にゆとりが出来るのだ・・・手付かずの自然も多く残っており、最高ではないか??

この留学プログラムを1学期過ごせば、政府修了証を授与され、フィジー国内に進学しやすくなることも魅力か。

もちろん、「サウスパシフィックフリーバード」の日本人スタッフも、サポートの対応してくれることは言うまでもない。

気になる留学の費用は、1週間で5万円弱というものからあるのだ・・・1年コースで90万弱しないので、超格安だ・・・

フィジーも日本と同じく少子化で、教師が余っているのでここまでの格安プランが組めるということだ・・・

フィジーへの国際プランは、フィジー国内への外貨流入という効果や、自らの語学力上達という、一石二鳥にも三鳥にもなりそうかな??

私は、海外での生活経験は皆無であるが、もし英語圏での生活ということになれば、このフィジーへの海外留学で楽しみながら英会話をマスターし、そこからワーホリとしたいものだ。

仮に、オーストラリアで生活するとしよう。
自分の変えたいところ・・・白人や黒人に対する「コンプレックス」を無くしたいものだ。

概して彼らは体躯が日本人より大柄なため、こちらとしては構えてしまうこともある・・・

白人男性に道案内を頼まれたときも、一瞬ではあるが構えてしまった。
その男性は、日本語が話せたから、恐怖心は解けたが・・・

原因は、英会話が出来ないということと、日常あまり見慣れていないことからくると思うから・・・

オーストラリアもさまざまな人種の方が生活しており、体躯だって日本人より大柄だろう・・・

生活するには、英会話を駆使し、彼らとコミュニケーションをとらなければいけない。

そうやって慣れていけば、彼らに対するコンプレックスも解消されると思ったので・・・

何事も慣れだと思うから。

ただ、スポーツの日豪戦があったらと日本を応援させてもらうが・・・

野球もサッカーも、負けることが多いんでね・・・
現地のスポーツバーで、オーストラリア人がたくさんいる中の日本の応援もしてみたいもの。彼らを恐れることなく、フェアに。

もちろん、試合後は互いにシェイクハンドで終わりたい。どんな結果でも・・・

とにかく、留学するのもワーホリでも、現地の方と楽しく過ごしたいものだ!!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。